失敗しない不動産会社の選び方【不動産の売却】

query_builder 2021/04/08
ブログ
2543396_s

「不動産を売りたいけどどこに相談すればいいのか」 「大手不動産会社に相談する方がいいのかな」

「高く売るにはどうすればいいのか」

「相続の手続きから相談したいのだけど」


不動産の売却を検討する上で

こんな悩みがあると思います。

不動産売却は高額になりますし、

思い入れもあるので 失敗したくないですよね。


ここではそんな悩みを抱えた読者の不安を解消します。


『テーマ』

失敗しない不動産会社の選び方

【不動産の売却】

1・不動産会社選びが不動産売却の成功の秘訣!

不動産売却を成功させよう!

4460715_s

不動産会社は日本全国に30万以上も店舗が存在します。

コンビニが日本全国に6万弱である事を考えると

とてつもなく多い数です。

その中で良い不動産会社を選ぶのは大変です。

しかし、不動産を売却しようと考えている人にとっては

「いかに高く売るか」、「いかに早く売るか」は

この不動産会社選びにかかっております。

不動産会社選びに失敗すると

「1年経っても売れない」

「相場より安い価格で売ってしまった」

こんな失敗をしてしまう事になります。

こんな失敗をしないためにも

不動産会社の選び方をここで学び、

不動産売却を成功させましょう。

2・不動産売却の流れを理解しよう

不動産売却は不動産会社との共同作業です。

4246968_s

まずは流れを理解して準備をしましょう。

「査定依頼」→「査定価格の確認」

→「不動産会社を決める」→「売却価格を決める」

→「売り出す」→「成約・引渡」      


不動産売却はまず「売却価格の査定」からスタートします。 そこから、物件調査や内覧対応、価格交渉、契約、決済を

不動産会社と協力しながら進めます。

また、査定価格は一般的には

「3ヶ月以内に契約する」

価格設定をする会社が多いです。

そのため、「早く売る」事を重視しない方にとっては、

査定価格で売却すると「安く売る」事になりかねないので

注意が必要です。


この売却価格や売却期間は不動産会社に手腕に

大きく左右されますので不動産会社選びが重要になります。



3・不動産会社には得意分野がある

得意な会社に任せましょう!

4020371_s

不動産会社と言っても、不動産業は多岐に渡り

それぞれの会社が得意としている分野が異なります。

あなたが売却したい不動産を

売却する事が得意な不動産会社への依頼が不可欠です。  


不動産会社の種類


【賃貸仲介会社】

アパート・マンションや駐車場、テナントに対して

借主様に物件を紹介する会社です。

当然のことながら、この手の会社が

不動産売却に強いとは言えませんよね。


【不動産管理会社】    

アパート・マンションや駐車場をオーナー様より

委託を受け物件管理をする会社です。

基本的には借主様の斡旋・家賃集金・クレーム対応が

主な業務です。

同じく売却に強いとは想像できないですね。


【不動産買取業者】  

新築の売れ残り物件や、中古物件、競売物件の

買取を行う会社です。

買取後の物件売却は

不動産売買仲介会社に依頼する事がほとんどで

不動産売却に力を入れておられません。


またこちらでは

不動産買取業者に不動産を売ってはいけない理由

公開しております。

ご関心がある方は合わせてご確認下さい。


【不動産売買仲介会社】

不動産売買物件の仲介を行っている会社です 。


【分譲業者】

分譲マンションの開発や、建売住宅の開発を行っている

会社です。



所有する不動産の売却を依頼するなら

【不動産売買仲介会社】

に依頼をしましょう。   

不動産と言っても、「土地」、「中古住宅」、「農地」

、「倉庫」、「駐車場」、「アパート」、

「マンション」、「事業用地」、「収益(投資)物件」等、種類がたくさんあり、

立地についても

「住宅街」、「駅近くの商業地」、「郊外」、

「幹線道路沿い」等、種類がありますので


それぞれの特徴を理解した不動産会社への売却の依頼が成功の秘訣です。


3・不動産会社を選ぶ時の失敗しない3つの注意点

失敗はもうしない!

2659297_s

【その1】大手不動産会社一択は危険!


不動産売却はその取り扱う物が高額であるため

安心感から大手不動産会社に依頼する

という選択肢もあります。

しかし、大手不動産会社と言っても会社が大きいだけで、

担当する営業マンには

「新人」〜「ベテラン」まで

「実力がある人」〜「実力がない人」まで

たくさんの営業マンがいます。

その中で、

何も知らないあなたが優秀な営業マンに当たるかどうかは わかりませんし、選別するのも難しいと思います。

また、営業マンには厳しいノルマが課せられているため

「いかに早く売るか」、「いかに楽に売るか」

に注力するあまり

営業マンに言われるがままで

「相場より安く売ってしまった」

なんて話は多々耳にします。

大手不動産会社の良く見られる手法の中に


Aさんの不動産をBさんに2000万円で売買    

Bさんが買った不動産をCさんに3000万円で売買


という風に、1件の不動産で2回売買をする事

売上(仲介手数料)を伸ばす手法があります。


もしあなたがAさんであれば    

本来3000万円で売れた不動産を    

2000万円で売ってしまった事になります。    

こんな事にはなりたくないですよね。        


このような事から大手不動産会社一択は危険です。


【その2】不動産一括査定サイトだけに頼ると危険!    

 

不動産売却に置いて近年多く耳にするのが

インターネット上の「不動産一括査定サイト」です。

一見、ここに売却査定依頼をすれば

簡単だし、比較できるしでその利便性から     

良いと思われがちですが落とし穴があります。       


一括査定サイトによっては

査定先を大手不動産会社に限定していたり、

査定会社を5社〜6社に自動的に絞られている

一括査定サイトがあります。     

このように、自分の意思に関わらず、

依頼先が限定された上に     

本来ならば、もっと高く売ってくれる不動産会社があった

にも関わらず、それを知らないまま

「安く売ってしまう」可能性があります。     


不動産会社には「不動産一括査定サイト」に登録するには 高額の費用がかかる事や大手に情報が偏る事から     

「不動産一括査定サイト」に登録をしていない

不動産会社はたくさんあります。


そのため、不動産一括査定サイトの情報を

鵜呑みにするのはよくないですね。


【その3】物件の囲い込みに注意!     

物件の囲い込みとは

不動産の売却の依頼を受けた不動産会社が

その情報を広く公開せず、自社の中で留める事です。  

そんな事するの?と思われがちですが     

これは大手不動産会社を含め現在でも多く散見され

問題にもなっております。     

この問題は

不動産仲介業の法律が原因です。     

 

 <ケースA>

 不動産の売却依頼を受けた不動産会社が     

 買主を自ら見つけてきた場合は、

 売主からも買主からも仲介手数料をもらえます。  

 

 しかし、

    

 <ケースB>

 買主を別の不動産会社が見つけてきた場合は     

 買主からの仲介手数料はもらえません。               

 例えば3000万円の中古住宅を売却する場合

 ケースAの場合は

 仲介手数料の総額が2,112,000円

 に対して

 ケースBの場合は

 仲介手数料の総額が

 1,056,000円となり

 1/2になります。


 このように少しでも多く売上を上げるがために

 物件の囲い込みが当たり前のように行われております。  

 

 この囲い込みが原因で高く買ってくれる     

 買主に出会えない可能性が大きくなります。     

 

 こんな事で大切な不動産を売却したくないですよね。

4・まとめ

これであなたは安心です。

2626259_s

・頑張って働いたお金で買った不動産   

・大切な親から相続や贈与で譲り受けた不動産   

・先祖代々受け継がれてきた不動産   

を売却するのですから、

不動産会社選びは慎重に行いましょう。   

「大手不動産会社」、「一括査定サイト」

だけに頼るのではなく

たくさんの不動産会社の人に出会って、

信頼できる不動産会社を見つけましょう。

私は不動産に携わる中で、単に価格だけでなく   

所有者様のその不動産に対する「思い」を大切に受け止め

売却のお手伝いをしてきました。   


不動産には人の思いがたくさん詰まっているものである

と考えます。

そんな「思い」を大切にしてくれる人と出会える事が

1番の成功と考えます。

MK不動産では

「高く売る事」をモットーに取り組んでおり、   

そのために「物件の囲い込み」は当然に行いませんし   

所有者様の気持ちを第一に考えて不動産売却のお手伝いを させて頂いております。   

尼崎や西宮、伊丹、宝塚を中心に関西全域で

不動産売却をさせて頂いております。   

地方(郊外)の不動産も多数取り扱いがございますので

お気軽にご相談ください。       


※不動産売却には、それに掛る税金が付き纏います。   

 不動産売却(家、土地、マンション等)の税金に   

 ついてはこちらをご覧ください。  


※住み替えをお考えの方には   

 買取保証付きの不動産売却という方法もございます。    買取保証付きの不動産売却の注意点

 を知りたい方はこちらをご覧ください。



NEW

  • 2022年問題、生産緑地指定土地の選択肢

    query_builder 2021/05/24
  • 知らないと損!相続税の小規模宅地等の特例で80%節税! 計算方法や要件をわかりやく解説!

    query_builder 2021/05/09
  • 知らないと損!相続した土地や建物、空き家を売った場合の特例

    query_builder 2021/05/08
  • 相続税の申告と納税の期限は?納税できない場合はどうなるの?物納は?

    query_builder 2021/05/07
  • 生産緑地とは?納税猶予とは全く別物です。2022年問題も合わせてわかりやすく解説

    query_builder 2021/04/26

CATEGORY

ARCHIVE